はじめての秘書検定

秘書検定に関するさまざまな情報をお届けします 秘書検定はビジネスパーソンには欠かせない資格です

*

秘書検定3級の合格基準

秘書検定合格基準

秘書技能3級の合格基準

秘書検定3級に合格するには、秘書検定3級の出題範囲の内、Ⅰ~Ⅲの理論領域で60%以上の得点を得る必要があります。

なおかつ、Ⅳ~Ⅴの実技領域でも、60%以上の得点を得なければなりません。

どちらか一方でも、60%の得点を下回ると、合格を逃してしまいます。

バランスよく得点できるように、学習することが大切であると言えますね。

秘書検定3級の合格基準
領域 合格基準
Ⅰ 秘書の資質 秘書としての知識・人柄 理論領域
60%以上の正解率が必要
Ⅱ 職務知識 秘書の仕事の知識
Ⅲ 一般知識 社会常識や経営に関する知識
Ⅳ マナー・接遇 ビジネスマナー・社会常識などの知識 実技領域
60%以上の正解率が必要
記述式問題はこの領域から
Ⅴ 技能 会議及び文書資料管理などの知識

 

トップページに戻る⇒はじめての秘書検定

 - 3級, 合格基準, 秘書検定

  関連記事

秘書検定審査基準
秘書検定3級の審査基準

秘書技能3級ではどんな問題が出るのか 秘書技能検定3級の審査基準は、下表のとおり …

秘書検定の合格率
秘書検定試験の合格率

秘書検定の難易度 直近に実施された秘書検定試験の合格率は下表の通りとなっています …

秘書検定の申し込み
秘書検定の受験を決めたら最初にすること

秘書検定の試験日程を確認する 秘書検定試験を受験することを決めたら、一番最初にし …

秘書検定について
秘書検定とは

秘書検定のあゆみ 秘書検定は、正式には、秘書技能検定試験といい、公益財団法人実務 …