はじめての秘書検定

秘書検定の試験日程や勉強法など様々な情報をお届けします 秘書検定はビジネスパーソンには欠かせない資格です

*

秘書検定3級の審査基準

秘書検定審査基準

秘書技能3級ではどんな問題が出るのか

秘書技能検定3級の審査基準は、下表のとおりに定められています。

この審査基準に従って問題が作成されています。

秘書検定3級では、

秘書の職務について一般的な知識を持ち、平易な業務を行うに必要な技能を持っているかどうか

が問われます。

秘書検定3級の審査基準
領域 内容
Ⅰ 秘書の資質 1.秘書として備えるべき要件
2.要求される人柄
・秘書としての初歩的な仕事について、指示されたことを確実に実行する能力がある。
・的確な判断力、記憶力、表現力、行動力が期待できる。
・身だしなみと心得て、良識を持っている。
・機密を守れる、誠実・明朗などの資質を備えている。
Ⅱ 職務知識 1.秘書の役割と機能 ・組織における秘書の機能を知っている。
・上司と秘書の関係、上司の機能と秘書の機能の違いを知っている。
・秘書としての初歩的な仕事について、上司に安心してもらえるような考え方ができる。
Ⅲ 一般知識 1.社会常識
2.経営学
・社会常識、時事問題について、一応理解している。
・経営学につして、一応の知識がある。
・経営・管理一般・組織・人事・労務・マーケティングについて、初歩的用語が理解できる。
Ⅳ マナー・接遇 1.人間関係
2.マナー
3.話し方・接遇
4.交際の業務
・接遇の基本となる人間関係の一般常識がある。
・接遇のマナーを心得ている。
・オフィスにおけるふさわしい服装・化粧・身のこなし方などを知っている。
・話し方の基本を知り、人間関係の結びつきが分かる。
・基礎的な敬語および接遇用語を知っている。
・楽しい面接会話、やさしい電話会話ができる。
・簡単な報告、短い内容の説明ができる。
・依頼のための話し方、簡単な聞き取りができる。
・素直に忠告を受けられる。
・慶事・弔事に訪問する作法、服装などについて、一般的な知識がある。
Ⅴ 技能 1.会議
2.文書の作成
3.文書の取り扱い
4.事務機器
5.ファイリング
6.資料管理
7.環境の整備
8.事務用備品・用品
・会議の種類などについて、初歩的な知識がある。
・文例を見て、簡単な社内文書の原稿が作成できる。
・簡単な口述の要領筆記ができる。
・受発信事務について一般知識がある。話し方の基本を知り、人間関係の結びつきが分かる。
・基礎的な敬語および接遇用語を知っている。
・事務機器の使用ができる。
・ファイリング用品・器具の利用法が分かる。
・名刺の整理法・器具の利用法が分かる。
・資料整理について知識がある。
・秘書として環境整備の必要なことを知っている。
・事務用備品・用品の種類と機能を知っている。

 
トップページに戻る⇒はじめての秘書検定

 - 3級, 審査基準, 秘書検定

  関連記事

秘書検定合格基準
秘書検定3級の合格基準

秘書技能3級の合格基準 秘書検定3級に合格するには、秘書検定3級の出題範囲の内、 …

秘書検定の合格率
秘書検定試験の合格率

秘書検定の難易度 直近に実施された秘書検定試験の合格率は下表の通りとなっています …

秘書検定について
秘書検定とは

秘書検定のあゆみ 秘書検定は、正式には、秘書技能検定試験といい、公益財団法人実務 …

秘書検定の申し込み
秘書検定の受験を決めたら最初にすること

秘書検定の試験日程を確認する 秘書検定試験を受験することを決めたら、一番最初にし …