はじめての秘書検定

秘書検定に関するさまざまな情報をお届けします 秘書検定はビジネスパーソンには欠かせない資格です

*

秘書検定過去問の答え

秘書検定 過去問の答え

問1の答え

A)あなた様が先日おっしゃった件は、承知いたしております。
B)社長は、昨夜成田空港をお立ちになりました。
C)社長が、お客様に「よろしくと申し上げるように」と申しておりました。

問1の解説

A)社外の人に言う場合なので、相手の人は「あなた様」に、相手が言ったことは「おっしゃった」というように、それぞれ、尊敬語に直す。

B)「おたち」という尊敬語と「になられました」という尊敬語が二重につかわれている。いわゆる二重敬語になっているので、「おたちに」には、「なりました」という敬体を続けるのが正しい。

C)社外の人に言うのだから、たとえ社長の言葉であろうと、「申しておりました」と謙譲語にするのが正しい。

スポンサーリンク

問2の答え

拝啓 暮れも押し迫ってまいりましたが、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
□さて、このたびは、結構なお歳暮をご恵贈賜り、厚く御礼申し上げます。
皆様にはご自愛のうえ、ご多幸な新春をお迎えあそばされますよう、お祈り申し上げます。
□まずは、取りあえず書中をもって御礼申し上げます。

敬具

問2の解説

通常漢字で書かれる言葉を正しい漢字で書いてあるか、「さて」「まずは、」で改行しているかの2点が採点のポイントです。

問3の答え

秘書検定過去問

問3の解説

消すべきところを消し、付け加えるべきところに正しい言葉を書いているかがポイント。
設問の場合は、5か所を垂直の2本線で消すこと。「ご芳名」は「ご芳」まで消すことを忘れないこと。
また、あて名は秘書室という団体になっているので、「行」を「御中」と書くこと。
丁寧におことわりするように・・・との指示であるから、解答例のように、一言書き添えるとよい。