秘書検定の試験日程や勉強法など様々な情報をお届け 秘書検定はビジネスパーソンには欠かせない資格です

はじめての秘書検定

秘書検定の出題形式

3級

秘書検定3級の出題形式

更新日:

秘書検定3級試験問題は2方式

秘書検定準1級の試験は、ペーパーテストと面接がありますが、秘書検定の3級、2級の試験は、ペーパーテストだけです。

秘書検定3級のペーパーテストは、マークシート方式で回答できるものだけではありません。

回答方式は、マークシート方式と記述式のふたつの方式から成り立っています。

秘書検定3級の出題割合

秘書検定3級の試験問題についていえば、試験問題の数は全部で35問とされています。

そのうち、4問が記述式問題として出題されます。

全問題の約9割がマークシート方式で、残る1割が記述式で出題されるということになりますね。

秘書検定3級の出題範囲

秘書検定3級の出題範囲は、秘書検定3級の合格基準のページでもご紹介したとおり、理論領域と実技領域からの構成とされています。

秘書検定3級の記述式問題は、このうちの実技領域からの出題となっています。

その詳細は、

  • マナー・接遇領域から   2問
  • 技能領域から       2問

という構成です。

秘書検定3級でよく出題される記述式問題

記述式問題では、実践力が必要となります。

見て覚えるだけでは身に付きません。
実際に書いてみる練習をして、身につけておきましょう。

秘書検定3級問題で、よく出題される記述式問題は、次のようなものになります。

手紙やビジネスレターなどの文章作成

片仮名の文書を漢字・平仮名まじりの文に書きかえる形式の問題がよく出題されます。

尊敬語や謙譲語、接遇用語の使い方

ポイントは、

  • 尊敬語と謙譲語を取り違えない
  • 二重敬語を使わない
  • 社内者を社外者に言うときは謙譲語を使う

などです。

グラフ作成

グラフ作成もよく出題される記述式問題です。
与えられた数字でグラフを作る形式のもので、3級では棒グラフと線グラフの基礎知識が問われます。

 

トップページに戻る⇒はじめての秘書検定

-3級

Copyright© はじめての秘書検定 , 2018 All Rights Reserved.